04/07/15@南くんの恋人

(第2話)

7月に冬服はないだろうにぃ…。
しかもフォローのために前の方の席の男子生徒が同様に詰襟…て余計に不自然とちゃうか?
ちよみをふところに入れるために詰襟じゃなくちゃ都合が悪いなら、「なんで冬服?」と突っ込まれて「クーラーが強すぎて風邪ぎみで」程度のやりとりで良かろうものを。

警察の聴き込みにしても「駅伝大会の夜に彼女に会ったそうだね?」にうなづき、「それ以後、本当に連絡はとって…」と問う言葉をさえぎって「会ってません」と答えて、「連絡をとたずねたのに会ってません」という不自然な返答で、さらに繰り返すことで異様さを出そうとしてるわけだが、「会ったそうだね?」に対して言葉で答えていないのだからなおさら別に「会ってません」という返答でもそれほどおかしくはなかろう。
相手が警察官ということで緊張して口ごもった程度で。その後の繰り返しが入ってしまうとリアクションとして普通じゃないから警察がその後は南くんの様子をうかがうくらいでないと変だろう。
というか「(君に)連絡はないか?」に対して「知りません」というのも頭がおかしいと思われるんじゃ?
いや、警察が失踪事件ひとつにあまりかまってられないとしても、親がすぐさまガサ入して見当たらないから疑うのはやめ…て何なの?
本人がいる時にガサ入れしたら中断せざるを得ないのは明白で、本人がいない時に探そうとはしないとは。
ちよみが16センチになっているとは思ってないんだから、押し入れの奥やベッドの布団をめくったり……ってそういう探し方しなくても良かろう。

ラストの「制服を脱いで」にしても「なんで冬服着てるの? 暑くない!?」という問いかけもなし。

別に「ことこまかに現実的にやれ」という気はないし、ドラマなんだから誇張もあれば、ボケかましもありだろうけど、嘘っぽいことをやればそれで笑いがとれるというもんでもなかろう。

宮川一朗太ばりにただの人キャラを演じる田辺誠一は相変わらず異様な味があるわけで。

冬服は……ワイシャツを着てなきゃいいんじゃないかな?

「よくそんなの着てられるな?」と言われても、素肌の上に学ランを着てるんだったら「脱げ」とは言われないだろうし。

それはそうと、野村さんのノーブラにドギマギな南くんに「あたしだって!」と叫ぶちよみだけど、あんたはノーブラどころかノーパンなんとちゃうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック