05/03/16@カミングダウト

岡田義徳のドラムを叩く姿は、もしかして陣内孝則の映画の中でしか見られないのだろうか?
1 小池栄子は高校生の時、同級生と先生に二股かけた(ダウト)
  バレンタインデーにシャレで「交際したい」とメッセージをつけたら31歳の英語教師がマジになってしまい、同級生と同時進行で……という告白だったが、ウソ。
  ちなみに告白の最中、BGMに「僕たちの失敗」がかかっていた。

2 この人は、カンニング竹山の元相方(トゥルー)
  “ター坊ケン坊”というコンビ名で、「激辛お笑いめんたいこ」という番組に応募してチャンピオンになっている……というのが本当の話だった。
  元相方の田中健二さんは現在吉本興業所属で、地元福岡でピン芸人をされてるのだそうな。
  だったら、臨時にコンビ復活できないものなんだろうか? 事務所がらみの事情で絶対不可なのかな?

3 ますだおかだ、増田は俳優佐々木蔵之介の育ての親(トゥルー!?)
  増田が大阪の広告代理店に勤めていた時に同僚だったのが佐々木蔵之介。増田が9カ月でサラリーマンを辞めて芸人となり、しばらく過ぎて佐々木蔵之介が電話をかけて来た。
  「どんな感じか? 食えてるのか?」というサグリに対して「俳優やりたいんだろ!? 会社なんか辞めちゃえ」と檄を飛ばし、それでふんぎりがついた結果、現在の佐々木蔵之介がある。
  ……という告白。だが、実際は確かに同僚だったが、「電話をかけたのも確かだったような気がする」程度の記憶。
  「いまの自分があるのは増田のおかげです」と言ったら過言です。そうするべきかは自分で決めました……というようなことなので、実際にはダウトか?(同じ会社のサラリーマンだった……という告白なら良かったのに)。

4 岡田義徳は昔、歌手デビューをしていた(ダウト)
  所属事務所がアミューズ(サザンオールスターズや福山雅治らと同じ)で、18~19歳の頃にフォークギターの弾き語りでデビューという話だったが、そんな事実はナシ。
  歌った曲は、スタジオに早く入ってリハーサル室でちょこっと仕込んだとのこと。

5 小池栄子は芸能界引退宣言をしたことがある(トゥルー)
  ドラマ等の仕事がしたいのにグラビアの仕事ばかりなのがイヤで人気は出ているものの、引退を決意したことがあったそうな。
  そんなバカな、イエローキャブなのに?……となれば、スカウトされた時に「イエローキャブ初のグラビアをやらない女優を育てたい」というような話だったらしい。

6 カンニング竹山には子供がいる(トゥルー)
  実は結婚していて男の子が生まればかり……と告白。
  乳児を抱いた女性がスタジオに登場するが、あまりに子供がなついていないのでダウトコールが上がる。
  小池栄子がリーチとなった後、「こんな子、知らんわッ」と叫んだ竹山はひどく汗をかいていた。

7 ますだおかだはブラジャーを愛用している(ダウト)
  番組で試しにブラジャーをつけたらハマってしまった。ブラジャーをつけていると漫才をやってもなんだかノリが良い……ということで、「カミングダウト」収録中のいまもブラジャーを着用中。
  シャツを脱ぐと岡田は白、増田は黒のブラジャーを確かに着けていた。
  だが、Cカップであることを明かしたもののアンダーがいくつなのか知らないという疑わしい素振り。
  告白してから急に涙目になって笑いをこらえたり、チラチラとカメラに視線を向けてしまったり、上半身ブラ一枚でテンポの良い漫才を見せようとするも心なしか顔が赤らんでる感じ。
  涙目の笑いに関しては、相方の岡田が奥さんに買ってもらったEカップブラをつけたまま自宅に帰るという話を今、初めて知ったからだ……などと弁解していたものの、小池栄子が自信を持ってダウトコールして勝利。

  ジョーカーはカンニング竹山の小学校卒業文集。それとオマケ映像で、ますだおかだの増田が黒ブラをはずすと、その下にはヌーブラが……

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック