06/04/29@ギャルサー

第3話「壮絶激突プライド女の対決命懸け(秘)ダイエット」
「ナギサ……表紙じゃないスか」
すいません。パッと見て同じ人と思いませんでした。

「だからといってこんなところに畑を作ったら、おまえアレだぞ! 都市公園条例第……」
というより、この巡査の同居人は合法的に入国したのだろうか? 元々、日本人であれば税関とか通らずに手荷物ひとつで帰国しても問題ないのか?
(モモについてはパスポートとかも携帯してるように見えないし)
それだけなら別に気にならないが、生真面目な警察官がそれと同居してるってのはちょっと違和感。一ノ瀬が「どうしようかぁ?」と同居生活に一応、考えこむシーンがあっても良さそうな。

「ウザいんだよ、おまえ!」
藤木さんがイナバウワるのかと思いました。

「レミ……どうやって責任とる?」「一週間たって誰も名乗りでなかったら……」
ふた昔前のありがちドラマの給食費みたいな。

「アタシ、代表やめるから」
“そんな……レミさん、だったらアタシも辞めてついていきます”で、エンゼルハートよりも大きな新サークルが出来てしまったりして。

「その5000円って、いったんウチらに……」
確かに、目的がイベントのための集金だったんだから、間違ってはいない。

「思われちゃうじゃん?」
2週放送されただけで既にパターン化して、3週目で早くもパターン崩しとは……思わなかったよ!!

「つっこめよッ。すげぇ不安だったよ」
そうか……不安を感じつつ、勇気をもってボケかましてるのか。

「デブじゃねェよ、チビだよォ!!」
面白いぞ。

「ついに我が家も常時接続にしたのだ」
おめでとう……しかし、既に1年分以上の通話料を前月に払ってないか?

「なに!? ジョージが雪辱した?」
で、リングが映った途端に阿南健治さんの出番か……と思ったら、やはり。

「いい眺めだねぇ」
そりゃ、確かに目の前であんな投げ縄を見せられたら、ウケるだろうね。
(と、同時に形は特殊であれ、冒頭の“働かざる者、喰うべからず”と呼応している……と思ったら)

「働いた後のメシってサイコーだなッ!」
と来ましたか。一方、減量とは無縁の3人に対して、継続中のナギサ……の対比。

「ナギサさん? うっそーッ!!」
って、この毎日の記録と変化する写真を本にした方が、きっと売れると思う。

「他のサークルに持って行かれたら」
“最大”と言うからには、他にもあって当然なわけだが、

振り付け
すいません。一瞬、細川ふみえの「ネコネコニャンニャン」を思い出してしまいました。

「何でできないんだよ、おまえら……」
なにげに、その手すりの下にある液晶テレビって画面が大きくて、高そうですね。

「つーか、もう、リーダーとか思ってないし」
“昔のイケてない元デブ姿を見られたから”とナギサは思ったかしれませんが、ユリカ(矢口)たちの大半は先日のスタジオ撮影(自分だけアピールで他のメンバーは引き立て役の背景あつかい。しかも、それを事前に説明した上でではなく、“プロのカメラマンに撮ってもらえるんだから文句あるか!?”で動員してしまったことに対して“黒組リーダー欠格”と感じたんでしょうな。

「別にやりたくやってるわけじゃないしな」
という売り言葉に買い言葉を見やるレミ。
単なる天然ボケではないのは今週で明らかなので、“あちゃー”という気持で見てるんでしょうか。

「言い出しっぺが怪しいって言うもんなー」
の後、ゾロゾロと立ち去ったで無言の怒るでも、呆れるでもない表情のレミ。
“メンバーに対してキツくあたっていたのは、自分がそのスタイルやファッションのために努力をしてきたから。そのため自分でやろうと決めたことに懸命になれないダラダラ感がやたら気にさわるのか?”とでも思ったかも。

「つらい時には これを見ろ」
破り捨てたのをつなぎあわせて……あしたのために その1!!

「燃えないんだよな……」
ちょっと待て、今回の隠しテーマって本当に“あしたのジョー”か?
ジョージ雪辱での腕をはねのける動きに、破り捨てた“あしたのために”、減量苦の大暴れ、で“燃えない”ってのは。

「ありがとう大地」
モモがこぼしたタネと、進之助がぶちまけた水が、こう来ましたか。

「サキ……替わって」
オチは「フードファイト」かよッ! じゃあ、ゲストにくさなぎくんを呼びなさいってば。
で、サキ役の戸田恵梨香ってデビューはNHK朝ドラ「オードリー」で大竹しのぶの少女時代役なのか……へぇー。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック