06/04/14@クロサギ

第1話「詐欺師を騙す詐欺」
◆「世の中には…」
オープニングアニメの出来、けっこう良いですね。
人物は良くても、鳥の動きがあまりショボイと興ざめですが、合格点だと普通に効果的だし、皮肉屋な視聴者に対してだって笑いをとれるツカミになるし。

◆駅のホームにて
原作を忠実になぞりでも、大幅ムシでもなく適度なアレンジで。
TVドラマ的には視聴者に「こいつが主人公」というのを印象づけるため、地味めなスタイルではなく派手な風体にしたんですかね(手堅い?)。
堀北さんの動きがキャッチィなものになってるし。
子供を抱えたせいで前かがみな姿勢になって、そのままエスカレータを早足で昇ったせいでお尻の線が強調されて、男性視聴者はこれでとりあえずチャンネルを替えないでしょう(?)。

◆線路上にて
スッと着地し助けるヒーロー。

◆「世間じゃ“負け犬”って言うんだよ」
さっきの中小企業投資公庫な人も世間じゃ“負け犬”って呼ばれたりしましたけど。

◆抱いてセニョリータ
“アミーゴ”の次は“セニョリータ”か…!

◆第1話ゲスト杉田かおる(友情出演)
でも、その後にクレジットロールされてる“尾美としのり”“仁藤優子”の方が私にとってはサプライズだよ。

◆ロケ地
「めいどinじゃぱん」って、予告のアレか?
ドン.キホーテは岸部シローの前で杉本哲太が土下座してたあそこか?

◆「御木本さん、オレを騙したんだ!! オレの金を返してくれ」
わは……ナイスなキャスト。

◆「ところで黒崎って男をしりません? シロサギだけを狙う詐欺師だ」
ちなみに、一般人を食い物にするシロサギに対して、シロサギを食い物にするクロサギってことですけど……鷺って魚は食べても鳥を補食したりはしませんよね。

◆「いったん掴んだカモは逃すなって言ってんだろォ!」
あ……確かに、サギ師ってカモは食い物にするでしょうね。

◆杉田キック連発
武野さん……元一世風靡という過去は共通でも、現在のポジションは哀川翔と大幅に違いますが、頑張ってください。一視聴者的には「ビーチボーイズ」とかあなたが画面に出ると“あッ、武野さんだ”と思ってしまうもんです。

◆「富士北工業は15年前から古い会社です。銀行口座も確認できました」
就職試験だと、応募の履歴書を送る前に社屋の外観とか見に行ったりするところですが、そういうことはやらないんですね。

◆「怒られちゃうよ」
元々、あんな若造に2億の金を任せるなんて……ということだったんだから、挙動の不信感は残っても良さそうな気がするんですけどね。30歳くらいの若い起業家のベンチャーじゃないんだから。「他の中堅どころの社員が来ても良いのでは?」と。そこは、まぁ、ドラマですから。

◆「裏口をチェックして」
そう、ドラマとしては、いやおうなく盛り上がります。
黒崎が清掃員に変装する用意をどこでしていたのかという疑問は別として。

◆「この世にはびこるシロサギは1羽残らずオレが喰ってやるッ!」
そんなこと言うと子供が「サギってワシやタカの仲間なのか」と間違って覚えちゃうぞ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック