08/01/06@今夜は渋谷で6時

見入ってしまう……フジの新春ドラマ特別企画(ヤングシナリオ大賞)。

公式サイトでキャスト等が参照できます。

ネタバレあらすじをハショッて書きつらねると

通信プレイのRPGで知り合ったハンドル“暴走天使”さんの「思いは言葉にしないと伝わらない」という言葉がきっかけで、「自分は変われるかもしれない」と感じ始めたニート青年がいた。
金欠娘(安田美沙子)が「こんな時は」とアイフルならぬ出会い系にケータイでアクセス。ご飯おごってもらおうと送信。サービスで「セーラー服、着てあげても良い」などと付記して。
そして、自殺サイトでチャットしている負け組な中年サラリーマン?


渋谷での待ち合わせ……なのだが、ニートくんと待ち合わせてしまったのが金欠(名前は適当に……と貼ってあった“チャーリーズエンジェル”のポスターが目に入り、エンジェル)。
心中アポも想定していたオッサンが、暴走天使のことを自殺サイトのハンドル名“小悪魔”と誤解してしまう。


レストランに入ると金欠エンジェル(どうせ相手はオヤジだろうと思ってたら、カッコはパッとしてないけど見た目もそう悪くない男だったのでラッキー!)は早速、食い始め。
ニート生活だったので、金はあまり持っていないので支払に不安を感じつつ「あの一言がグッと来た」と気持を伝える。
(セーラー服……!?)

一方、暴走戦士はオッサンのことをゲーム仲間と思い、若者向けクラブに連れて入る。
落ちつかない中年は「ここでは話にくい」……で店を出て歩くうちにホテル街へ。
「最初から狙ってたの?」と冷やかす暴走天使……に対し、カバンの中には「もしかしたら使うことがあるかも知れない縄」が入っていることを明かすオッサン。
(へ…変態っ!!)

予想外に高額な支払となり、揉めるニート&金欠のゴタゴタ&グデグデぶりに店員がキレる……がクレジットカードでどうにか支払。
ニートとしては、家族カードなので使いたくなかった。

その頃、援交少女を期待していた男(谷原章介)は「エンジェル」に出会えぬまま御自慢のスポーツカーへ戻って来る。
すると狼のステッカーが貼られている。
「なんだ、こんなもん」
と剥がそうとすると、“オレ達のマークに文句があるんかい、ワレぇ~」とばかりチーマーに囲まれ、ボコられる。

お互いに勘違いであったことのわかったニート&エンジェル。
シャッターに描かれたパープルウルフ(先刻のチーマー)のマークをエンジェルは白スプレーで塗りつぶし、本物の暴走天使さんへのメッセージを書きこむ。
それを取り囲むチーマー集団。

それを目にする本物の暴走天使。
何か武器に使えそうな得物はないかとオッサンに訊ねる。
そして手近な(グループ内でもパッと見で狂暴そうではない)少年を背後から押さえて人質にする。
ニート&エンジェルには「近くにアタシのマンションがあるから走れ」とささやき、人質を確保したまま逃走開始。
オッサンも続く。

暴走天使のマンションで人質を椅子に縛りつけて一段落……と思いきや、オッサンが屋上に昇って飛び降りの気配。


「やめてよ、飛び降りなんかされたらマンションの価値が下がるじゃないの!」
と制止する暴走天使。
「生きていれば良いこともある」
と説得するニート。
もともとそんなに度胸のある方ではなさそうなオッサンをどうにか踏みとどまらさせる。

さて、どうしたものか……。
今後、トラブルを引きずらないことを条件に人質を返す…という交渉が通用するものだろうか。
話し合いが通用するかどうかはリーダーがどんな人間か次第だろうな……ということになったら、実はそのさわやか系なチーマーが実は3代めリーダーだった。

その一方、あのシャッターの脇に自転車を止めていた女(星野真理)がハンドルなどスプレーで汚されていたのに不快感を覚えながら落とし……たところ、エンジェルの仲間とチーマー達に思われてしまい…


あぁ~、これでもまだ前半くらいか……内容濃いよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック