11/06/26@JIN-仁-

最終話「完結~時空の果て…150年の愛と命の物語が起こす奇跡のタイムスリップの結末」

どうしてもタイムスリップという仕掛と取り出された胎児型腫瘍ゆえ、どんなに盛り上げても「絵空事」「茶番」という印象と紙一重になりそうに思っていた。

10:00頃……第1話の行き倒れ男(大沢二役)とつながってストーリーはまとまるか。
10:15頃……そうか、壮大な夢オチ! そういう手があったか。脳腫瘍で危険な状態だった南方の夢。だから、歴史的におかしい点が多少あっても道理。
10:20頃……って言うか病み上がり南方が書いた小説がこのドラマだった? 東洋医科とか分類されているパラレル世界(B)における南方が見た夢……と辻褄を気にする人には納得させ、気にしない人には「咲さんを助けたい信念と愛情が…」と想える救いのENDで。
※「かかった竜馬の血しぶきが」って、その程度で影響するなら輸血手術した人はみんな人格かわっちまうぞ。幕末であんなにも「錦糸町へッ」って行こうとしてたのに現代から過去に転移する際には病院から錦糸町に跳んでしまうわけか? だいたい開頭手術で脳腫瘍を摘出した直後の身体ってあんなにホイホイと動き回れるもんなんだろうか……と問題はあるけれど。

10:30頃……エピローグとして、こちらの世界で実在していた咲さんも病死せずに助かった。このことが縁で未来さんと南方が結ばれそうな気配でハッピーエンドの体裁?
10:45頃……えぇ~? これで橘未来さんの脳腫瘍が胎児型だったりするとまたタイムスリップが起こってパラレルワールド(C)に放り出されて。「最後に脳腫瘍患者」というパターンにすればパート3、4、5……いくらでもシリーズを続けられる終わらせ方か!?


などと言いつつ録画はしたものの、全話しっかりと見たわけでもないので、全話シナリオで1400円というのを見かけて、買ってしまおうかな? と思ったりしている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック