04/12/22@オレンジデイズ(再)

この再放送の最中にも他の番組の宣伝テロップが入ったりする。
手話の会話のシーンに入るセリフの字幕は、そんな番宣よりも文字サイズは小さい。
また横スクロールで流れるのでなく、1行分がスッと表示されるので、番宣テロップを字幕セリフと混同することは普通に考えて……ないだろう。
また、柴咲コウが演じる沙絵の場合は字幕のみだが、会話の相手役は手話を使いながらセリフを話すのが大半。
他のキャラ同士の場合は字幕は出ない。
だから、こんなことがおこる確率はかなり低いはずなのだが……。

7話でそれは起こってしまった。
翔平(成宮寛貴)との会話から「沙絵がいる時は手話を使おうというのが茜の提案だった」と知って、カチンと来た沙絵。

校舎内で茜を問い詰める。
「言ったわよ、いけない!?」
という茜(白石美穂)なのだが、そこで“過剰な気配りはしないで”とばかり、小走りに追いかけて肩を叩く。
そして脇に回りこみ、抗議するのだがその際、手話を使い始めるのと同時のタイミングでスクロールではない字幕が……!

『爆笑問題のバク天!』に
 いらっしゃいませんか

やはりこういうことは起こってしまうんだよな……仕方のないことに。

"04/12/22@オレンジデイズ(再)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント