テーマ:04年ドラマ

04/09/16@バツ彼(終了)

これはあくまでも個人的にはなのかしれないけど、「人間の証明」の健闘以上に予想外だったのが「バツ彼」。 キャスティングとシチュエーションからすると「こりゃ、可もなく不可もなく」な凡作になるのが関の山だろうな……と思いましたよ。放映前は。 高橋克典が女あしらいの巧い課長で、高島が生真面目、恐妻家の天野、マザコン夫と離婚したい綺麗どころの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

04/09/14@WATER BOYS2

なんだかんだ言って、良い感じに仕上がって来てるんじゃないかな。 前シリーズを見てないんで、ついつい比べちゃうからダメということがないからかしれないけど。 先週、そして今週と同じようなことやっちゃったけど。姫野高校男子水泳部とは直接関係のなかった人と関わりが生じて、予定外のアクシデント(先週はアシカの病気&渋滞、今回は歌手のドタキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

04/09/10@世界の中心で愛をさけぶ

(最終話) 「大丈夫だよ、朔ちゃん。夜は必ず明けるんだよ」という亜紀の姿にかぶって横たわる朔太郎の姿(頭の位置は上方向)。 続いて葬儀祭壇……亜紀の写真が立てられている(当然ながら頭の位置は上)、その前に置かれた棺桶の中に亜紀の遺体(頭の位置は右方向)。 切り換わって亜紀の顔がアップになり(頭の位置は左方向)、その死顔は安らか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

04/09/09@南くんの恋人

(第10話) おぉ~~! 田辺誠一の熱く狂おしい芝居がいきなり来て、理由はないがなんだか嬉しい。 「二人で外国に逃亡するとか、堀切さんが家に戻って事情を説明するとか…」 「どうしてあぁ後ろ向きなこと言うのかな…」 って、そこまで状況をなりゆきまかせにできる南くんの方が異常だと思うぞ (ちよみもフォローしてたけど)。 謝罪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

04/09/09@人間の証明(終了)

終戦直後の一件がからむ年代設定をどうするのかと思ったら、ベトナム戦争当時の横須賀という舞台にすり替えて、今年のドラマにしてしまった思い切りのよさには拍手。 泉谷しげる、いしだあゆみといった各話での大物ゲストも視聴者キャッチーになって。 郡洋平(こおりようへい…て、77年当時は河野洋平が新自由クラブ作って時の人だったよね。アニ声優…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

04/09/03@世界の中心で愛をさけぶ

(第10話) ご…ごめん。 第4話がクライマックスよりもテンション高いんじゃないか…なんて思って。 悪かった… 第1話の「負けるのイヤ」っていうキャラクターづけが、しっかりと活きてます。 堤幸彦さん、やっぱり見事です。 そう、朔と亜紀の距離が近づくきっかけが知人の葬儀という、人間には死が訪れるということを連想させ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

04/09/021@南くんの恋人

(第9話) この展開は予想してなかった。 部屋の中に二人きりで「イヤーッ!」と声がすれば「何かあったか」と親が駆け込んでくるのも当然の反応だし、同級生の女の子がへたりこんでいれば「このバカ息子が何をしでかしたっ!?」と思うのも当然のリアクション。 なんだか今までのが何かの間違いのようにまともな会話だ。 その後、あてつけがまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

04/08/31@WATERBOYS2

ドーピング疑惑…てのは、オリンピックシーズンなんで、どうせ新聞ダネになるだろうと見越してたんだろうなぁ。 放送される頃には話題になると踏んで……結局、タイムリーで。 やはり現実の2004年8月の現実社会でも話題になってますね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

04/08/27@世界の中心で愛をさけぶ

(第9話) 引っぱってくれるなぁ…遺骨の瓶が落ちて不吉な予感なのか、助けようと飛び出すのが骨粉に気をとられて出遅れたのかどちらともとれる感じで。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

04/08/26@南くんの恋人

(第8話) 何にしようか思いつかなかったからって、病院への見舞いがパンだったりなんかすると「なに考えてるんだ、こいつ?」「どうでもいいってことか?」というミジメな気分にさせられるでしょうね。 通学時はカバンを肩からかけてますから、帰宅したらあの父親が暑苦しく店のパンを持たせたのでしょう(制服のままだけど……着替えてくれば良いのに)。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

04/08/19@南くんの恋人(なんで見てるのかというと)

なんで「南くんの恋人」を見てるかというと、放映開始前にも書いたように岡田惠和版があったからだ。 そういう見方というのはよくないかしれないが(作品を公平に見るというのからすると前は良かったのに今度はここがダメだ、あそこが気に食わない……というのは確かに新作に対して失礼だろう)前作がダメだったから今回は最初から見ないという先入観よりはまだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

04/08/19@南くんの恋人

(第7話) 軽く笑いをとろうとしてるのはわかるんだけど、「学園トップがスポーツ推薦の見込み」に太鼓判を押そうが関係ないだろうに。 爺さま新聞を広げるから、当然、朝日新聞だろうと思ってるところへ「夕日書道展作品募集」っていう小ネタの方が面白いぞ。 入選は「8月下旬 夕日新聞社で発表」っていうから本当に夕日新聞という新聞なんだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

04/08/13@世界の中心で愛をさけぶ

(第7話) 三浦友和で再生不良性貧血というとどうしても「赤い疑惑」を思い出してしまうよねェ…。 なにはともあれ大島智子のあのセリフで今回はオッケーです。 原作とか映画とのかねあいもあるんだろうけど、毎回、緒方&桜井を出さないで第1話とラストだけにして、2話から最終話直前までは17年前の高校生たちの話にしてしまえばドラマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

04/08/12@南くんの恋人

(第6話) 野村さんの部屋の電話はコードレスじゃなしで、ファックスが電話機とは別なんですね。 電子メール全盛(?)の時勢にファックスとは。 しかも、プリントアウトされた紙があるから休止状態じゃなく現役で使われてるようで。 「軽蔑するかも」と盛んに繰り返す野村さんに、他人から軽蔑されることを気にかけるような羞恥心があったん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

04/08/10@WATERBOYS2

結局、騒動の主因はセンちゃんだけど3割くらいは北川梢(鈴木えみ)にあったわけか。 なんか、やたら叩かれてるけどあのキャラだったら許したくなってしまう流れだね。 女子かしまし物語でいうところの藤本美貴さん的な役得。 こずえのミスを、敢えてシンクロ部がしょい込んでイイとこ見せるべく作為的な仕上がりになってるのは認めるけど。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

04/08/06@世界の中心で愛をさけぶ

(第6話) いいことを経験するのと悪いことを経験するのが差し引きゼロだとしてもホタルの大群(だよな…あれ)を見ることが出来た代償として17~18年くらいで命が尽きてしまうのは、何だか割に合わんと思う。 けど、「神様、お願い……一生分の力をッ」とか願いながら走って、100m走の全国記録を出したら、その夜の帰宅途中でバタッと倒れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

04/07/30@世界の中心で愛をさけぶ

(第5話) ストーリーとかシチュエーションが良いとか不自然かとかそういう話以前に、テープレコーダーって耐久性あるんだなぁ……と思ってしまう。 もちろん、「動かなくなっていて当然なのもの」として扱われているので奇跡的に……という感じだし、実家の押入に突っ込んだままのテープレコーダーとカセットが十何年ぶりにスイッチを入れたら動く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

04/07/29@南くんの恋人

(第4話) そういうキャラクターとして意図的にやってるのかしれないけど西村パパの迷走ゼリフ健在ですね。 「家政科もいいかな」に対して母の「男の子の家政科…いいじゃない!」という“普通、そうは言わんだろうなぁ”な母のリアクション。 「建築学科もいいかな?」に対して、「色んなことに興味を持つのはいいことよね」とという母の後を受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

04/07/27@WATERBOYS2

もはや海パンの男子高生を画面に出すための理由づけだけで、ストーリーはもうどうでもよくなりかけてるような気もする。 もっとも、企画段階でそういうサービス意図があったのかもしれないけど、どっちかというと歓んでるのはCFNM系の人というか、若いお姉ちゃんに見せて、「キャ~ッ!! 」と声をあげてもらいたい系の露出趣味な野郎の願望を満たすよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

04/07/23@世界の中心で愛をさけぶ

(第4話) 先週は見損ねましたが、第4話は打って変わって気持よく見させて貰いました。 人差し指を伸ばしたままトントン…と肩を叩い、振り返った頬にあてようとしたら、反対に向きに振り返って来たため、逆の手で突こうとする小技もナイス。 幼い頃の運動会のかけっこが縁で繋がってる男3人に女1人……でもそれが陸上部のヒロインではなく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

04/07/22@南くんの恋人

(第3話) それにしても……足だけは自信があるんです…て、自転車があるのに走って出前しなくても良いんじゃなかろうか。時間指定があるんだし。 一方、おバカそうな言動ぶりとは打ってかわって、本当に同級生の家庭教師が出来るほど数学の出来る子だった野村さん。 南くんの到着を見はからって、本当に貧血を起こすまで泳ぎまくるなんて……真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

04/07/15@南くんの恋人

(第2話) 7月に冬服はないだろうにぃ…。 しかもフォローのために前の方の席の男子生徒が同様に詰襟…て余計に不自然とちゃうか? ちよみをふところに入れるために詰襟じゃなくちゃ都合が悪いなら、「なんで冬服?」と突っ込まれて「クーラーが強すぎて風邪ぎみで」程度のやりとりで良かろうものを。 警察の聴き込みにしても「駅伝大会の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

04/07/09@世界の中心で愛をさけぶ

(第2話) 別に、夏服のセーラーで強い雨が降って来ちゃったらブラのヒモが透けるのが当然なのに……とかそういう理由で違和感を感じているわけではないのだが。 骨壷盗み…て、簡単に出来るもんじゃないだろうけど実際に有名人の身内の遺骨が盗まれる事件は何度か起こっているから、そんなに綿密な計画とか特殊な工具がなくても可能なのかしれないけど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

04/07/08@南くんの恋人

(第1話) どうせなら思い切り無口で(セリフは少なくて)、思ったことをいちいち紙にデカい字で書いて筆談するちよみってのも見てみたいもんだな。 選手の発表って後の方の区間から前の方の区間を発表して行くものなのか? 深田恭子で門限というとついつい「ハコイリ娘」を思い出してしまうぞ。 本名をそのまま源氏名ってするか? 「陸上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

04/07/06@WATERBOYS2

名門青葉高校からの転校生…というので、「その名門の二軍だったりして…」と思ったら、冗談ぬきで「補欠の補欠」って本当にヤルかよ~そういうことをッ!!? きっと…ちばあきお先生も草葉の陰で笑ってくださることで(……て、これ「がんばれキッカーズ」が始まった時にも言ったっけな)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

04/07/02@世界の中心で愛をさけぶ

(第1話) 一般的には特に問題はないのかしれないが、個人的には全体的な違和感。 別に見ていて怒りがこみあげるとか、不自然さにツッコミ入れまくりとかそういうわけじゃないけど、ハンパじゃなくついていきにくい苦行のようなドラマ。 「あぁ、探偵事務所」とか録りそこねてるのに何でまたこれが録画できてしまったのだか。 「だったら見るのを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more