テーマ:05年ドラマ

05/12/22@今夜ひとりのベッドで(終了)

奥菜恵というと、いまだ「打ち上げ花火」とテレ朝版「ふたり」の印象が強いのだが、別に可愛い女の役が定番というわけでなく、既に結婚も離婚も経験してる20代後半なのであって、したたかめなキャラを演じたりもする。 本木雅弘といえば、「抱きしめたい」ではW浅野に対してペットのような年下の男の子ポジションだったような覚えがあるが、ベテランの域に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

05/12/22@ブラザー☆ビート(終了)

伊藤千尋プロデューサで小松脚本ということで「セカンドチャンス」をついつい彷彿してしまう人は多々いたのだろうけど(再放送もやってたらしい)、「ブラザー」で「ビート」と聴いたら私の場合は「重甲ビーファイター」をどうしても連想してしまう。 放映開始前に新番組情報の時点でそうだったし、最終話まで見終えた今に至っても番組タイトルを見ると主題歌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

05/09/15@幸せになりたい

●最終話 長谷川プロデューサー(谷原章介)は延々と巨大ロボが登場するドラマの企画を提出し続けるのだろうか……むくわれないんじゃいかな~
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

05/07/02@女王の教室

第1話  天海祐希が小学生をビシビシ指導する教師役のドラマと先月、話に聞き、そのキャストだけでもヒットだろうと思ったものの特に情報を仕入れずにいまして。  今朝、脚本が遊川和彦ということだけ知りました。  そしたら、生徒役に「ラストプレゼント」の福田麻由子と、前番組に引き続いての永井杏が入ってて。  頭の10~20分程度でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

05/05/26@アタックNo.1

第7話   やはり、アニメ「アタックNo.1」で一般ウケとしては“八木沢三姉妹の三位一体攻撃”が一番のウリだろう。 大阪の代表校で、監督の娘3人がいて、その3人がハイジャンプして重なるため、正面から見るとまるで阿修羅像(?)のようなシルエット(6本腕のどこからスパイクが来るのかわからない)……というような、いわば魔球とか必殺技の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

05/05/14@ホーリーランド

#07「悪意」 “辻沢杏子”というオープニングの表示で軽く「エッ?」と反応してしまいました(シンちゃんのお母さん役)。 中CMが開けて早々に加藤登場で、なかなかに恐いです。「壁を作らない」というシンちゃんとは大違いで、できることなら、極力近づきたくないキャラに仕上がってます。 しかし、まぁ、13話としたら、まだ半分とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

05/05/07@ホーリーランド

#06「不適格者」 ステップがあんなスリリングな映像に仕上がるとは予想以上。 もっと地味な動きかと思ってたので、伊沢が目を見開くのと同時に見ているこちらも、「オォっ!?」です。 「同じ手はもう通用しねぇ」と、この後に続く惨敗にビビるような連れに対して、腕組みをしたまま今度は不敵に微笑む伊沢。 ショウゴの腕をつかむユウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

05/04/23@ホーリーランド

#04「カリスマ」 今回もお見事。 スイッチの説明は原作で知っていた方がわかりやすいのだろうけど、動きがあるので「あ、なんとなく逆になったな」という感じのする映像になっている。 生身の役者による重量級の柔道部員とボクサー体型の差はマンガ以上の迫力とも言える(柔道の投げが1回入ったら完全に勝負が決まるのだが、実戦経験が浅いながらユウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

05/04/16@ホーリーランド

#03「居場所」 いいですねぇ……第1話、2話を見逃した人もついて行ける始まり方。 レーシングゲームに興じているユウとシンちゃんの斜め上の階段に世田商一派が徐々に集まり、それに気づいた時、ゲーム中の画面は映らないけど、効果音で車のクラッシュ音がボンっ! ボンっ!…と響くところなんか破滅への不安を暗示させて効果的。 と、思ってた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

05/04/09@ホーリーランド

#02「優しい夜」 格闘対戦の際の説明は原作のようにはできないのじゃないかと思っていたら、ナレーションでやってしまいますね。 右肩をつかまれてしまったユウが、中途半端な攻撃で連打されるシーンでは腹への攻撃でない時はユウの左腕が動いてガードしてますね。 「イチはあたるんだ」の後、連発左ジャブ(?)のあと、右ストレートが入る時に「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

05/04/02@ホーリーランド

#01「無少年」 原作コミックの出来が良い(ストーリーとか題材が良いだけでなく、絵のムードとセリフもマッチしてる)のをテレビシリーズにすると、どうも端々が気にさわったり、「これだけのものが作れるならオリジナルで充分に面白いのに何でわざわざざ原作を壊す必要があるんだろう」と思ってしまうもんだが……上手いですねぇ。 画面の色づかいで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平均視聴率14.2%

「不機嫌なジーン」最終話は13.3%。 さすがに、12%を割ることはなく終了というわけで。 「富豪刑事」等と比べれば高い数字と言える。 「Mの悲劇」は現時点で最高でも14.0%で、「H2」「みんな昔」「87%」が10%未満の週もあったことを考えると、それなり人気ドラマだったのかしれない。 韓流、韓流と言ったって、「美しき日々」も「天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

05/03/28@不機嫌なジーン

●最終話 「でもね、あんまり深く考え過ぎると幸せにはなれないわ」……“あんまり”というのが“一般に深く考える”というレベルを超えて……という意味だったら、そうでしょうね。正常に対して異常なわけだから。 「あたしの経験上」……って、いま、時間と空間を超えましたね? 「深く考えてしまう人間は考えなしな人間に比べて7割増で幸せに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

05/03/21@不機嫌なジーン

●第10話 「全然、届かないんですけど」……プラスチックのケースを腹の下にして落ちなくて幸いでしたね。 「猫アレルギーなんだよね」……自然環境の保護活動をしているくらいだから、多少の雑菌じみた環境でも平気で、むしろ無菌室みたく小ぎれいな部屋は苦手なくらいかと思ってましたが、ちょっと意外です。 「左近寺の部屋に返しておけ」……
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さ、さらに下がって……たんですね

 今日、見たら……第9話でさらに下がってたんですね。  当初は、「低視聴率と言われても平均すれば15~20%くらいで落ちつくんじゃなかろうか?」と思ってたんだけど、そんな状態じゃなくなってきた。  裏番組のとの関係とかあるのかな?  このままいくと、月9枠の最終話視聴率ワーストワンを記録してくれるかも。  美味しいなぁ……これで、4月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ジーン」は遺伝子とヒロインのニックネームを

……ひっかけたタイトルということだけど、中国版では「不愉快的基因」なんですね。 「遺伝子で基因」というのは、字面からして「ほぉ、なるほど」と納得してしまいます。  どうやら、海の向こうでも「打破富士電視台招牌黄金時段收視新低記録!」と「フジテレビのゴールデンタイム(いわゆる月9)の最低記録を更新」したことがニュースとして報じられている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

05/03/17@富豪刑事

最終話「絶体絶命の富豪刑事」 BAR 愛のメモリー……あれ? なんでクルマは去ってしまうのかな、運転手くん? 「このマスターは川村と言って半年前までは私と同じく刑事をやってました」……相棒は国広富之だったんだろうか? 「神戸さん。あなたが犯人でないのなら何故、川村がやったなどとウソつく必要があるのですかッ」……というこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

05/03/14@不機嫌なジーン

●第9話  虫愛でる姫君……。  テントウムシを英語でいうと、ladybug(レディーバグ)。  数多の虫がいるが、その中の貴婦人なわけだ。語感は悪くない。 「LADYBUGに夢中だね」というようなタイトルだった方が、このドラマってウケが良かったかも。  夕飯を食べながらセリフにあまり集中せずにテレビを見ていた人がいたら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

05/03/10@富豪刑事

第9話 学園の富豪刑事  毎度のことながら、音の使い方が流石ですね(「スクールウォーズ」の主題歌「ヒーロー」を使用するのでなく、似せた曲を作ってしまって)。  犯人の靴のサイズは27cm。  いくら「足がデカい」「足がデカい」と言われる深田恭子でもそんなには大きくないでしょう(当然)。  西島が選手に混じっても良かろうに、出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

05/03/07@不機嫌なジーン

●第8話  ペットボトルのシール集め……まさ何十枚か集めて送ると、抽選でアメリカ旅行みたいな奴か? と思ったら、本当にそんなだったようで。  ミネソタって人気観光スポットなのかな。ポテトチップの懸賞ならまだありそうだが。  陣内事務局長って「笑顔の法則」つながり?(って、ありゃTBSの日曜劇場か) 「キミは僕の理想のバンビだ」……
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

05/02/28@不機嫌なジーン

●第7話  パサッと落ちた封筒の中から出て来た、頬づえをつくむくれ顔の仁子の写真。  おぉ、まさしく不機嫌なジーン(番組タイトルまんま)……と思いきや、裏を返せば本当に「不機嫌なジーン」と書かれていたりなどした。  内心、「このドラマってイマイチかな……でも、キャラのネーミングだけでも毎週楽しめるか?」と第1話で思ったものの、もし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

05/02/24@富豪刑事

第7話「富豪刑事の古美術品騒動」  シルクロードの最西端……端っこか。考えたことなかったな。  日本の正倉院からイギリスの大英博物館あたりまで、グッズは運ばれて到達したと思うのだけど、海の上に道はないから、その手前に道の先端というのがあるということか。 「美和子や、もし、おまえに言い寄るような男が……」って、喜久衛門さん。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

05/02/21@不機嫌なジーン

●第6話  キャラがどんなものかはっきりして来てるので、話としてはこれまでの中でも特に順当なくらいの流れで。  前回、登場しない可能性も高いけど仁子の母と弟の名前がなんなんだろうな……と実は気にはしてたんだけど、弟は信司。  南原の連れて来たモデルがリツコだったのからすると、「エヴァンゲリオン」から名前を拾ったのかもな……という気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

05/02/17@富豪刑事

●第6話「富豪刑事の遺体捜索」  焼畑ビジネスパークに不審者が!!……相変わらずの荒唐無稽、浮き世離れした展開ではあるのだけど、番組タイトル表示でCMが明けるまでの15分程度で、しっかりと盛り上がってるのは流石。  目撃者の橋本が勤め帰り風のイメージシーンなものの、竣工を2年後に控えた広大な建築現場に何でたまたま通りかかったのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

05/02/14@不機嫌なジーン

●第5話  相変わらずけったいながら、1ヶ月見せられると視聴者の一人的には、けったいななりになじんでしまった感じがしてきます。  大晦日のフィールドワークの短い秒数のカット割、「お茶入れます」の後のモノローグまじりな会話でのアップ、絵を使ったコミカルさ等など小気味良く。 「デラべっぴんだけ売り切れ」にがっかりする南原が個人的には特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

05/02/10@富豪刑事

第5話「ホテルの富豪刑事」  おぉ~、竜神会! 「太陽にほえろ」の中に出てくる架空の暴力団が、この名前だったような。  不祥事の謝罪などではない記者会見とかだと公務員にとって晴れ舞台かしれないけど、捜査員が思い切りメンワレしちゃって良いんでしょうか。 鎌倉さん……企画モノAVみたく顔はモザイク処理してもらうんでしょうか?  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

05/02/07@不機嫌なジーン

●第4話 「櫻田マリです」……って、だからそういうキャラの名前は誰の趣味?  まぁ、今回は伊東四朗に引っかけての(としか思えない)「アルプスに帰れ」が笑いのメインディッシュかしれないけど。  ハッと驚いた仁子にフクロモモンガ発見かと思いきや、健一のとのはち合わせ回避……じゃなく、やっぱりフクロモモンガでしたか。  片瀬那奈はオカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

05/02/03@富豪刑事

●第4話「富豪刑事のキッドナップ」  ん~~、吹越満。  前回のゲストも蛍雪次郎とか上田耕一だったり、曲者を起用しますね。  子供の拉致されるシーンがないので、予想としては金策に困った町工場経営者が、給料不払いに踏み切るための自作自演か? などとも思えてしまうのだが、このドラマだからどんな方向に転ぶことか……と思いながら見てま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

05/01/31@不機嫌なジーン

●第3話 日本無脊椎動物研究所の人なんですか……左近寺博士は。じゃ、次は和泉博士の登場か? クジャクのディスプレイもメスへのアピールと一般に思われてるものの仮説でしかなくて、年末年始を挟んで求愛アプローチ以外の説がニュースになってたような覚えがあります。 タイムリーなのかバットタイミングなのか。 鯨の祖先もそれこそネズミに近いよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

05/01/29@さそり

……て、本当に篠原とおるの「さそり」のドラマ化だったのか(新聞のテレビ欄で見て、そうは思ったもののすぐに信じられなかった)。 手足を押さえつけて、顔をバーナーで焼く……ってシーンは、思い切ってますねぇ。 自粛の圧力がかかりそうに視聴者的にも思えてしまいます。 「テレビの暴力シーンが特に未成年に悪影響を与える」という考え方に対して、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more